patients for all
すべては患者さまのために
管理栄養士コラム

秋刀魚(さんま)の豆知識

みなさんこんにちは。オール薬局 管理栄養士の清木です。
暑い夏も終わりが見えてきて、少しずつ秋の訪れを感じるようになってきましたね。
さて、秋といえば「スポーツの秋」・「読書の秋」、そしてなんといっても「食欲の秋」ではないでしょうか。
秋の味覚の魚といえばやっぱり秋刀魚(さんま)!
9~10月がまさに旬の時期です。さんまは美味しいだけでなくその栄養にも注目されています。実は体にとってもいいお魚なのです。今回はそんなさんまについて紹介していきます!

さんまの栄養素

 さんまは必須アミノ酸のバランスが良く消化吸収の良い良質のたんぱく質が豊富です。
青魚の中でも特にEPAとDHAが豊富に含まれている魚になります。さんまの脂に含まれるEPAやDHAは不飽和脂肪酸の一種で、1日の摂取量は両方とも約500mg~1000mgが推奨されています。牛肉や豚肉などの肉類にはほとんど含まれず、体内でつくりだすことができないため、青魚から摂取すると効率よく摂ることができます。
他にもたくさんの栄養が含まれています。

さんまに含まれる栄養素

 EPA 血液をサラサラにし、血栓を予防
 DHA 老化防止、悪玉コレステロールを減らす
 ビタミンA 粘膜を丈夫にして、眼精疲労に効く
 ビタミンD カルシウムの吸収を助けてくてる
 ビタミンE、B2 血流を改善、細胞の再生
 カルシウム 骨や歯を丈夫にする
 鉄 貧血予防

さんまと一緒に摂るといいもの

 さんまの塩焼きに欠かせないのが、『大根おろし』。
さんまは脂が多い魚なので、大根おろしを添えると、大根に含まれるアミラーゼという酵素が胃の消化吸収をサポートし、苦みや発がん性物質を抑える役割があります。 また、さんまには含まれていない、ビタミンCが大根おろしには含まれているので、老化の原因である不飽和脂肪酸の酸化を予防することが出来ます。 栄養学的にもさんまに大根おろしは理にかなった組み合わせです!

オール坊や
オール坊や
皮に近い部分ほどビタミンCを多く含むから、大根は皮ごとすりおろすのがおススメだよ

新鮮なさんまを見分けるポイント

 1.魚は内臓から悪くなるので、お腹が硬いものを選ぶ
 2.黒目の周りが透明で澄んでいるもの(鮮度が落ちたさんまの目は、赤く濁っています)
 3.くちばしの黄色が大きくはっきりしているもの(鮮度が落ちると薄くなってきます)
 4.さんまの肛門がしまっているもの

さんまのちょっとした豆知識
 さんまの「わた(内臓部分)」、食べていますか?少し苦みがあり、食べられない方もいると思います。
この「わた」には、お肌に良いレチノールという成分が含まれています。レチノールにはビタミンAの一種で、真皮のコラーゲンを増やす効果があり、肌のたるみやシワなどに効果があります。また、皮膚など、様々な粘膜を丈夫にしてくれるので、ハリのある肌をキープしてくれるのです。美容に効果的な成分が含まれているので、ぜひ食べてみてください!
※生の内臓は食べないようにし、しっかり加熱をしましょう。

(管理栄養士 清木)