patients for all
すべては患者さまのために
管理栄養士コラム

その頭痛やだるさは「秋バテ」が原因かも⁉

みなさんこんにちは。オール薬局の盛岡です。
暑い夏も終わりを迎え、日中の寒暖差が激しい季節になりました。ただ、9月になっても、夏バテのようなだるさや食欲不振、しっかり寝ても疲れがとれないなどの体調不良を感じることはありませんか?
もしかすると、それは夏から秋へと季節の変わり目に起こる、「秋バテ」が原因かもしれません。

秋バテとは?

秋バテとは、夏から秋に感じる心身の不調のこと。
夏バテに似た症状が秋に起こることから作られた、造語になります。
“秋バテ”の症状
・だるい、疲れやすい ・食欲不振 ・胃腸の不調 ・立ちくらみ、めまい ・肩こり、頭痛 など

“秋バテ”の原因

1.温度差による自律神経の乱れ
 9月といえども残暑が続く日には、エアコンの効いた涼しい部屋でキンキンに冷えたお茶を飲んだり、かといえば寒くて温かいココアを室内で飲んだりと温度差が激しい時期です。
自律神経は、身体を活発に働かせる交感神経と、身体をリラックス状態にする副交感神経、この二つの神経系から成り立っており、寒暖差の激しい環境で過ごしていると、私たちの身体は気温差に対応しようと必要以上にエネルギーを消費します。
その結果、上記の生活を続けると、急激な寒暖がストレスとなり自律神経の乱れや指先の冷えなど血流も悪くなってしまいます。


2.冷たいものの食べ過ぎ・飲み過ぎによる冷え
 氷入りのドリンクなど冷たいものばかり食べたり飲んだりすると、「内臓の冷え」が起こり、これが胃腸などの不調を招く原因になります。そのため、夏の間に内臓を冷やしすぎてしまうと、秋になって下痢や便秘、食欲不振、全身の血液の流れが悪くなるなどの症状が現れることもありますので、注意が必要です。


3.水分不足
 夏は汗を大量にかくため、比較的水分補給も積極的に行っていますが、暑い夏が過ぎると水分補給の意識も薄れがちです。水分不足になると、血液がドロドロになり、全身に酸素が届きにくくなることで体調不良を起こしてしまいます。

今日から、“秋バテ” 対策!

◇ビタミンB群を積極的に摂る
 ビタミンB群は精神を安定させるサポートも行うので、自律神経を整えるために必要不可欠な栄養素。中でも、ビタミンB₁は自律神経を整える作用があり、豚肉や大豆製品、穀類などに多く含まれています。

◇身体を温める
 身体をリラックス状態にする副交感神経のスイッチを入れるためには、38~42℃程度のぬるま湯に10分程度つかると、副交感神経のスイッチが入ってリラックスモードに。入浴が難しい場合は蒸気で首もとを温めましょう。また、日中と夜の気温差があるため上着を活用して、体温調節を上手におこないましょう。
食事面では、ネギやしょうが、ニラなどの香辛料を用いて、身体を温める食品も活用しましょう。旬のカボチャもおすすめです。

◇軽い運動をする
 軽い運動をすることにより脳内で体を活性化させるホルモンが分泌されるため秋バテ解消につながります。朝か夕方にウォーキングを30分程度おこないましょう。まとまった時間がとれなければ、10分間を3回など小分けにしてもOKです。
ただし、ジョギングなどの息を切らす運動は呼吸が速くなり、交感神経が優位になってしまうため、寝る前はストレッチ程度でとどめましょう。

秋は過ごしやすい時期とはいえ、夏の疲れが取れていません。
食欲の秋・スポーツの秋・行楽の秋の前に、夏の疲れをリセットしましょう。

(管理栄養士 盛岡)